最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


相互リンク



スロットで勝つには身体が大事

今日は店休日なのと、ちょっと身体休めで休養日にしました。

私事ですが、自分のある思想を下にまとめてみました。話にまとまりは一切ないので読みづらかったら申し訳ありません。


まず、私自体はプロではないです。で、まず整理しないといけないのは、スロプロの定義ですね。

正直スロプロの定義は私には分かりませんが、私の定義ではスロットのみで生活をしてる人です。

昔、多少のすねかじりで、それらしいこともしましたが、やはり毎月30万くらいを叩き出すのは相当にシンドイです。何より楽しくない。楽しく勝てる方法は正直確立できておりません。

ただ、勝つ方法自体は幾らでも提示できます。それを実行できるかどうかは意志と気持ちと体の問題です。

勿論、勝ったら楽しいというのはあると思いますが、それはあくまで自由にお金が使えるならと思っています。生活費を稼ぐために勝たないといけないとなると、スロットの楽しさを削って勝ちにこだわらないといけません。

私が勝つために毎日やったこと下に記載します。意外と簡単そうで、これを毎日やるのは正直キツイです。今はやってません。朝一ジャグラーを攻める場合は、閉店の出目チェックだけはしますが。

1.閉店前のデータ取り
2.朝早くからの並び
3.打ってる最中のデータ取り
4.打ったデータの解析
5.朝から晩まで打ち続ける
(高設定なら)
6.良さげな台がなければ即、店の移動
か、待ち続ける
7.機種の解析の記憶
※設置機種全て

さて、この中で1番キツイのどれか分かりますか?

勿論、5 ですね

必ずと言っていいほど体調を壊します。

出玉があって出てても、楽しくないし、高設定をツモった時点で閉店まで打ち続けます。生活費を稼ぐまで勝つためには基本です。

皆さんに言いたかったのは、勝っても負けても、身体が資本なんで、体調には気をつけて下さいということでした 笑

私は、経歴の記事でも、記載しましたが、四号機花火を朝から晩まで30日通して80万勝ちました。その代償は、胃炎と吐血などしました。

結果、医者に止められました。

その後1ヶ月は不明の発熱で、寝たきりになりました。

自分もキツかったし、お金があっても本当に楽しくなかったです。

今でも、天井狙いと、Aタイプで、月に10~20万は叩き出すことは出来る自信はありますけど、それじゃあ保険や税金を払えば生活は苦しくなりますし、仮に30万まで持っていくなら身体を犠牲にしないと無理です。

ということで、

勝つには我慢も必要
勝つには体力も必要
勝つには身体も必要

身体には充分気をつけましょう(^_^)
以上どうでも良い話でした



 | ホーム |  次のページ»»