最新記事


月別アーカイブ


カテゴリ


相互リンク



設定判別 アイムジャグラー ぶどう確率の信頼度について その2

どうも体調不良でパチンコ屋に行けてないので、ちょっと前に紹介した、アイムジャグラーのぶどうの信頼度について、追加で記載します。

前回のは、少し記載間違えてた部分があったので修正しています。下ブレ分(確率よりも引けない方)を入れるのを忘れていました。結果以下になっています。

2000回転で、1/6以上でぶどうを引けた場合、90%は設定6と判定(かなり乱暴ですが)

記事はこちら

前回は、2000回転での話でしたが、今回は、1000回転にしましょう。

設定6が 1/6.18
他が、1/6.5 で考えます。
※正規分布と確率密度関数の理論より

①1/6.5の確率で、1000回転回して、1/6.2 から 1/6.8になる可能性は約50%

②1/6.5の確率で、1000回転回して、1/6.1から 1/6.9になる可能性は約60%

1/6.5だった場合、1000回転で1/6以上になる確率は約20% and 1/7以下になる確率は約20%。

なので、1000回転で、1/6以上でぶどうを引けた場合、約80%は設定6と判定できます。1/6.5だと、約20%でしか1/6以上を引けないため。

以外と高い。ただ、20%はハズレってどうですかね。微妙ですよね。そういう意味では、やっぱり2000回転が目安かなと思います。アイムジャグラーの場合は。

単純に計算しただけなんで、参考程度に考えてください。もし自分が毎日通ってて、毎日1000回転するとして、5日に1回 1/6になってたとしたら、それは設定5以下の確率通りです。

今回のは、1/6.5を基準にして、ある確率になる可能性を否定することにより、設定6を推測するパターンになります。ちなみに、1/6.18を基準にすると、1/6以上の確率になるのは、1000回転だと、40%くらいしかないです。

しかも、店に設定6がある大前提が必要になります。なければ、係数が0なんで、いくら1/6以上で引こうが、6なはずはないですよね。設定6がない時は、5回に1回の割合で1/6以上になるイメージで。

ややこしいですね。なんで単一事象の確率からでは、設定判定は実は難しいので、色々な要素を絡めて判定するのが良いかなと思っています。

結局は繰り返し実行する場合、正規分布の理論が絡んでくるので、一日でみた一回の判定ではなくて、何日も試行を重ねた結果の複数判定が重要になります。

次回以降は、マイジャグラーも出したいと思います。

設定判別記事

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する


 | ホーム |